トップ  > Night★cap Story  > 秋恋Vol.2

秋恋Vol.2

『紅色』

視線の端をチラリと横切ったシルエット。

それが、どうしようもなく気持ちをソワソワとさせる。

目が合ったわけじゃない。声をかけられたわけでもない。

今さら浮足立つ歳でも、柄でもないけれど、

私の心は、一向に静まる気配がない。

騒いだり、はしゃいだり。

鼓動は賑やかにリズムを刻み続けていた。

 

そんなジタバタする心の内を悟られたくない。

 

落ち着こうと席を立つ。

その瞬間、少し低めの声を私の耳が捉え、心臓が跳ね上がる。

冷静沈着って誰のこと? 仕事の鬼って誰のこと?

周囲に見せるすました仮面のその裏で、

私がただひとりの人に惑わされ、踊らされ、

赤くなったり、青くなったりしていることなど、

誰も知らない。あの人も、知らない。

 

 

しかし、彼女もまた知らないのだ。

 

想いが溢れだし、周囲を紅く染めていることを。

伝わっていないはずの想いが秋の風にのり、

彼の人の腕の中にしっかりと抱き止められていることを。

 

 

 

Night★Cap Storyのfacebookページ
 
↓Night★Cap StoryスタッフのHP↓
イラストレーター・かちのちのら
 
イラストレーター・イナアキコ
 
イラストレーター・都
 
イラストレーター・ごぶいち