ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

9番目の夜

最初の夜。
彼女はひとり静かに、そこにいた。
誰かを待っている素振りもなく、
ひとりぼっちで佇んでいる風でもなく、
ただそこに、ふわりと澄んだ空気をまとって存在していた。

次の夜。
彼女はやはり、そこにいた。
誰にも汚されることのない、透明なバリアに守られ、
わずかな微笑みを口元にたたえている。
その真っ直ぐな瞳には、何が映っているのだろう。

そして、次の夜もその次の夜も、
僕は彼女の元へ通い続けた。
近づくことはできず、声をかけることもできず、
同じ空間にいる…ただそれだけだったけれど、
彼女がそこにいるだけで、僕はそれだけで幸せだった。

やがて、9番目の夜がやってきた。
いつもと同じ場所に、彼女はいた。
昨日と変わらぬ姿で、昨日と変わらぬ清々しさで。
けれど、何かが昨日とは違っていた。
そして唐突に、今夜が最後だと僕は悟る。
明日からは、どこを探しても彼女はいないと、
僕にはなぜかわかっていた。

彼女が微笑む。
9番目の夜を祝して。
木々が騒ぐ。
9番目の夜にはしゃいで。

そして僕は、ひとり取り残された。
彼女のいない、誰もいない、9番目の夜の闇の中に。



朗読/島田陵平
ストーリー/いとうかよこ

 

at 2018/08/08 23:00:00