ことばや

トップ  > あれこれレビュー  > 東京ドームのお隣には、行ったことのない世界があった!

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

東京ドームのお隣には、行ったことのない世界があった!

昨日、初体験をしてきました!
いやぁ~、この歳になって「初めて」の経験ができるとは…ありがたや、ありがたや。
で、
何を体験したのかと言えば、格闘技ナマ観戦です。

子供の頃から母親の影響で、わりと格闘技をTVで見ることが多かった私。
ボクシングやプロレスは欠かさず見ていた気がする。
思えば、野球好きも母親の影響だし、うちの母、めっさ男前な人?
って、今はその話はいいか(笑)。

観戦したのはこれです!!!

キックボクシングでございます!!
セミファイナルに登場する元新日本バンタム級チャンピオン・瀧澤博人さんの応援に行ってまいりました。
実は、瀧澤さんをスポンサードしている方が、私のラジオ番組のスポンサーでもありまして、そのご縁で先日は、ラジオ「まきかよの言いたいホーダイ ピーパー横丁」にもゲストで来ていただきました。
その際、応援に行く約束をしたのですよ。

そんなわけで、初めて後楽園ホールに足を踏み入れました。
お隣の東京ドームにはちょいちょい行くんですけどね(笑)。

瀧澤さんの出番が来るまでは、まったりと観戦。
客席のあちこちから声援が飛び交い、なかなかの熱気。
しかし、この声援が細かい。というか、具体的。そして、的確(笑)。
もう、トレーナーが何人いるんだって感じ。
ま、野球を見に行ったときの自分のことを顧みれば、「そうなるよねー」としか言えないんですが。

さて、今回はかなりリングに近い席で観戦することができ、まず驚いたのが音!
重めのパンチが当たったときの「ごっ!」という感じの鈍い音とか、
キックがヒットしたときの「パチーン」と甲高い音もそう。
TVでは見慣れている格闘技でしたが、こんな音がすることを初めて知りました。
それでも、早めの時間帯に行われた試合は、選手たちもまだそんなに強い感じじゃなくて、パンチもキックも「へぇ~」というくらい。
それが、ファイナルに近づくに連れて、選手のレベルも上がっていき、
いよいよセミ・ファイナルのときがやってきました!

黒のロングガウンをはおった瀧澤選手の入場です。カッコいい!!!
身のこなしも板についていて、表情もキリリと引き締まっています。
ラジオに来てくださったときの、穏やかな好青年ぶりはどこへやら、
闘争心にあふれた戦う男の顔がそこにありました。
ガウンを脱ぎ捨てれば、極限まで削ぎ落とされた肉体がまた美しい!!
全身からオーラを放ち、風格すら感じる姿に期待も高まります。

そして、ゴング!
互いに様子を探るようにステップを踏む中、時折、キレのいいキックが飛びます。
瀧澤選手、パンチよりもキックのほうが得意?
手数より足数のほうが多かった気がします。
2ラウンドまでは両者、決定打にかけ、やや瀧澤選手リードの印象を持ちつつ、
いよいよ最終ラウンドへ。
瀧澤選手が積極的に繰り出すキックが的確に相手を捉え始め、
パンチも、重めの音で相手にヒットしていきます。このときの音が「ごっ!」です。
キックも高い位置、相手のこめかみとかにヒットして、思わず拍手。
でも、倒れないんだなぁ、対戦相手が。もうね、粘る粘る。

最終的には、3ラウンド後半で、相手選手が出血し、瀧澤選手のTKO勝ち!!
豪快なノックアウトシーンも見たかったのですが、
まあ、それは8月の試合のお楽しみにとっておくことにしましょう。

人生初の格闘技ナマ観戦。すっかり、たっぷり、しっかり堪能しまして、
次の瀧澤選手の試合、8月もすでに行く気満々です(笑)。
というわけで、今後もいとうは、勝手に瀧澤選手を応援していくことに決定!
at 2019/05/13 19:45:23