ことばや

トップ  > 余談ですが  > 女性の方がストライクゾーンが広い!? と言っても野球の話じゃありません(笑)

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

女性の方がストライクゾーンが広い!? と言っても野球の話じゃありません(笑)

今週、世間ももっともざわつかせたであろう話題に、ちょっと乗っかってみます(笑)。
そう、あのカップルの入籍事件(←オイw)について。
 
組み合わせを聞いたときは、ただただビックリでしたが、
入籍会見を見てみると、「おや? 何かお似合いだぞ」と感想が変わったんですよ。
同じように感じた方、多かったんじゃないかなぁ。
ネットでもそんな意見をたくさん見かけたし。
何でそう感じたかと言えば、「山ちゃんが思いの外イケメンだった」に尽きます。
あ、外見じゃないですよ(←オイw 本日2回目ww)
中身というか、頭の良さかな。
お笑いのツッコミ担当という職業柄というのもあるでしょうし、
番組でMCなどを務めているという経験値の為せるワザでもあるでしょう。
それでも、記者やレポーターの(けっこうな割合で失礼な)質問への受け答えがほぼ満点。
笑いに変えたり、上手くいなしたりしながら、誰も嫌な気分にさせない返しに
素直に「スゴイなー」、「これは惚れるよなー」と。
蒼井優さん、ちょっと見直しました。
 
そして、女性って、顔じゃなくて、才能とか、安心感とか、に惚れることってあるよなぁとつくづく感じたわけですよ。
 
たとえば、イケメンじゃなくても、仕事のできるひとは「カッコいい」とかなりますよね?
これって別に、仕事ができる=お金が稼げるからじゃないんです。
単純に、仕事をしている男の人ってカッコいいんです。いや、カッコよく見えるんです。
吊り橋効果ってよく言うけど、この場合は、仕事場効果?
テキパキ働いているのはもちろんだけど、悩んでいたりする姿も、時には失敗しているところだって、仕事に打ち込んでる姿自体がカッコいいんです!
だから、惚れる。だって、カッコいいんだもん(笑)。
これ、女性なら共感してくれる人、多いと思うんだけどなぁ。
 
仕事だけじゃなく、「一緒にいて安心する」とか、「楽しい」とか、
女性の場合、恋に落ちるポイントは、けっこうアチコチに存在してます。(※当社調べw)
だからね、ストライクゾーンが広いって話。
ヒットが打てるポイントがアチコチにあるから打率が上がりやすい。
つまりは、幸せになれる確率も高いってことにもなるのかな。
HR狙いもいいけど、三振のリスクもあって、けっこう一か八かの勝負になるし。まあ、ど真ん中の絶好球が来たら思いっきり振り抜けばいいんだけど、それでもHRになるかどうかは運次第だしねぇ…って、野球の話じゃなくて(笑)。
まあ、これを「妥協」って言う人もいるだろうけど、そういう人は幸せを見逃している気がするなー。
 
で、翻って男性はどうかと言えば、残念ながら、仕事ぶりをみて惚れるとかって稀だと思うんですよ。
むしろ、仕事のできる女性は敬遠されたりして。
デキる女=ステキとはならないし、楽しい女がモテた試しがない。(※当社調べ 本日2回目ww)
男性って、顔とかスタイルとか、外見を重視する傾向にあるなぁと思うわけです。
 
もちろん、すべての女性が顔を重視しないとは言わない。私だってイケメン好きだし(笑)。ただ、女性の場合、イケメンは目の保養で、好きになるとか、結婚するとかはまた別って分けて考える人も多いかな。
そして、すべての男性が外見重視とも思わないけど、女性のように分けられる人はあんまりいない気がする。(※個人の感想ですw)
 
ふわっと言うと、女性は幸せ探しが得意で、男性は若干苦手ってなる(笑)。
本能的なことを言うなら、たぶん女性は「優れた種」、「強い種」を求めているから、外見「だけに」こだわらないんだと思う。
子孫を残すという点で考えると、女性はより優れた強い子どもを残したいが本能で、男性は、より多くの子どもを残したいが本能だと思う。
だから、女性にとって外見も優れた種のひとつではあるけど、それだけが重要なわけじゃなく、「何かに秀でた」人を求めるんじゃないかなぁ。
いやまあ、子孫を残しもせず、人類に貢献してない私が言うのも何だけど(笑)。
 
なんだか今日はまとまりないな(苦笑)。
時にはこんな、書きなぐりもいいさ、と自分に許可を出してみる。
いや、ことばや。それでいいのか!!!
at 2019/06/07 12:00:00