トップ  > 3行小説  > 3行小説 第781回

3行小説 第781回

ゆっくりと眼をあければ、見慣れない光景が広がる。

「あぁ、これは夢か」と、落胆の声が漏れた。

意識が覚醒していくのを止める術はなく、私は地獄へ戻る。