ことばや


「出張ことばや」、始めました!
いとうかよこ原作の脚本をプロの声優たちが朗読する「出張ことばや」。
15分ほどの短編から60分ほどの長編まで、

時間や場所などに応じて、さまざまなストーリーをご用意。
皆様の企画に沿った朗読お届けします。
図書館や学校での朗読会、イベントのゲストとして、など
いつでも、どこへでも、出かけてまいります。
ご相談、ご質問はお気軽に、お問い合わせフォームからどうぞ!

 

 
トップ  > ラジオ「Night★Cap Story」  > 恋する才能

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

恋する才能


絵を描くのが苦手だ。
その才能のなさと言ったら、致命的と表現する他ない。
しかし、花や風景を美しいと思う感性は備わっている。
だからこそ、始末が悪いとも思う。
どんなにその美しさに心を動かされても、
それを表現するスキルもセンスもないのだから。
これはもう、絶望的である。

実は僕にはもうひとつ、致命的な欠陥がある。
絵を描くこと以上に、恋愛が苦手なのだ。
これまた、呆れるほどの才能のなさ。
そして、恋を実らせる能力がないにもかかわらず、
人を好きになる心は持っているのだ。しかも、人一倍強く。
ところが、その想いを素直に表現することができない。
これもやはり、絶望的なのである。

それでも、努力をすれば、
絵も恋を上達できるのでは…と
わずかな希望にすがった時期もあった。
しかし、結果は惨敗。
どんなに素晴らしい先生に手取り足取り指導を仰いでも、
絵はいっこうに上手くならないし、
どれほど恋愛スキルに長けた友人に
恋を成就させるマニュアルを授けられても、
僕の恋が実ることはなかった。

自分が感じたそのままを、
美しい線と色で表現できたなら、
人生はどんなに豊かになるのだろう。
自分の心に募っていく想いを、
表情で、仕草で、言葉で伝えられたなら、
人生はどんなにキラキラと輝き出すのだろう。

ないものねだり、と言われても、
僕はやっぱり絵を描きたくて、恋がしたくて、
これからもジタバタし続けるだろう。
いつかはこの想いが、実ることを切に願って。
 


朗読/山口龍海
ストーリー/いとうかよこ
at 2018/05/11 23:00:00