ことばや


「出張ことばや」、始めました!
いとうかよこ原作の脚本をプロの声優たちが朗読する「出張ことばや」。
15分ほどの短編から60分ほどの長編まで、

時間や場所などに応じて、さまざまなストーリーをご用意。
皆様の企画に沿った朗読お届けします。
図書館や学校での朗読会、イベントのゲストとして、など
いつでも、どこへでも、出かけてまいります。
ご相談、ご質問はお気軽に、お問い合わせフォームからどうぞ!

 

 
トップ  > ラジオ「Night★Cap Story」  > ホロリ酔い

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

ホロリ酔い

つまづく、なんて思いもしない僅かな舗道の段差に
ぐらりとよろけ、派手にすっ転んだ。
カッコわりぃ。
すばやく立ち上がって周囲を見回し、
誰にも見られていないことを確認しつつ、そそくさと立ち去る。
普通ならまぁ、そうするところだ。
でも、今は誰も見ちゃいない。
だからオレは、そのまま歩道にごろりと寝転がってみた。

初めて参加した合コンは、悪友の企みだった。
「外見も性格も問題ないのに壊滅的にモテないやつ」
であるオレを哀れんだから、らしい。

恋愛にへっぴり腰な残念男なのがバレバレだったのか、
はたまた、壊滅的にモテないオーラ全開だったのか、
オレに話しかけてくる女の子はいなかった。
けれど唯一、オレの隣りに座った彼女は
にっこりと笑顔を向けてくれた。
ちょっと甘えた話し方が、最初はなんだかこそばゆくて
少し居心地が悪い気がした。
それがだんだん、彼女のペースにはまっていき、
気がつけば、オレはすっかりドキドキの中にいた。

そんなオレに、悪友がチラチラと視線をよこす。
てっきり、恋愛ビギナーなオレに
作戦でも授けてくれるのだろうと期待してみれば、
アイツはちょっと渋い顔をして、こっそり耳打ちをしてくる。

「あの子、お前じゃ手に負えねーぞ」

どうやら彼女は、事前リサーチばっちりで、
最初からオレに狙いを定めていたらしい。
外見◯、評判◯、将来性◯、な~んて値踏みをしながら。
おそらく備考欄には
「モテないので落としやすし」とでも書いてあったのだろう。

脱力感と酔いを抱えたひとりの帰り道。
ふらつく足元には、ほんの数ミリの段差で十分だった。
つまづいて、すっ転んで、
そのまま寝転がったら、ふいに笑えてきた。
見上げた空は星もろくに見えず、愛想のない黒一色。

「あのまま、騙されてみてもよかったんだけどな」

そんな、モテない男の強がりを、
空は見て見ぬふりをしてくれる。
 


朗読/木村浩平
ストーリー/いとうかよこ
at 2018/05/25 23:00:00