ことばや

トップ  > ラジオ「Night★Cap Story」  > ありふれた別れ

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

ありふれた別れ

「お前は強いから、ひとりでも大丈夫だよな」

そんな使い古されたセリフで、
私はあっさり切り捨てられた。
あまりに陳腐すぎて、
出かかっていた涙も慌てて引っ込んでしまう。
この人は今まで、私の何を見てきたのだろう。
何だか急に
ふたりで過ごした時間が色褪せていくような気がした。

私たちは、いつも平等で、対等だった。
私は彼に「幸せにしてほしい」なんて望んだことはない。
幸せは、ふたりで一緒に作っていくもの。
それが私たちのやり方だった。
あのセリフを聞くまで、私はそう信じていた。

何も言えずにただ立ち尽くす私を残し、
彼はもう、背を向けて歩きだしていた。
ありふれた別れのシーンに取り残された私は、
呼び止めてすがることも、大声でなじることも、
笑ってサヨナラを言うこともできない大根役者だ。

もしこれがお芝居なら、
納得のいく別れが演じられるまで
何度だってリテイクできる。
けれど、今の私には
OKシーンなど期待できるはずもない。
自分の気持ちを表す言葉も、仕草も、表情も、
何ひとつ、わからないのだから。

強い女の役を
最後まで演じきれなかった私をなぐさめるように
静かに雨が降り出した。

このまましばらく濡れていようか。
想い出まですべて、雨が洗い流してくれるまで。
 


朗読/蒔苗勇亮
ストーリー/いとうかよこ
at 2018/05/28 23:00:00