ことばや

トップ  > ラジオ「Night★Cap Story」  > 雨の日の彼女

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

雨の日の彼女

雨が降ると、必ず会う人がいる。いや、
雨が降らないと会えない人、
と言った方がいいのかもしれない。

かなり目立つオレンジの傘をさした彼女とすれ違う交差点。
ほんの一瞬でも、今の僕にはかけがえのない時間だ。

彼女の存在に気づいたのは、ちょうど一年前の雨の朝。
寝坊をして駅へ猛ダッシュしていた僕は、
チカチカ点滅を始めていた交差点で、初めて彼女とすれ違った。

印象的なオレンジの傘の中、
彼女は静かに泣いていた。

あんなに急いでいたのに、
一瞬、僕の目を捉えたその光景に足が止まる。
振り向いて後ろ姿を見送る僕を、
クラクションが現実に引き戻したっけ。

それから毎朝、交差点で彼女の姿を探した。
けれど、その人を見つけることはできなかった。
あの日の光景は幻だったのか。
そう思い始めたある日、
僕は、探し続けた人を見つけた。
印象的なオレンジの傘の中に。
そう、その日も雨だった。

それから、雨が降るといつも、
交差点で彼女と会うことができると知った。
けれど僕は、声をかけることすらできずにいる。
ひとことでも声を発したら、
そのまま彼女が消えてしまうような気がするから…。

だからせめて、雨が降ることを願いながら、
今夜も逆さてるてる坊主を吊してみる。
いい歳した男がやることかね、
と自分にツッコミながら、空を見上げる。
無常にも、空には無数の星が瞬いていた。

やっぱり彼女は、幻なのかもしれないなぁ。
 


朗読/紺谷勇太
ストーリー/いとうかよこ
at 2018/06/06 23:00:00