ことばや

トップ  > ラジオ「Night★Cap Story」  > 路地裏の店

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

路地裏の店

いつも通っていたはずの道なのに、
これまでまったく気づかなかった狭い路地。
その先になぜか無性に心惹かれた。

そっと路地をのぞいてみれば、
軒先に提灯を下げた、小さな引き戸がポツリとあるだけ。
他にはなにもない。
見えない何かに誘われるように、
僕はふらふらと路地へ引き込まれていった。

小さな引き戸を開け、暖簾をくぐった先に広がっていたのは、
見たこともない光景…ではなく、
何の変哲もない居酒屋のそれだった。
少し拍子抜けした僕に、出迎える声がかかる。

「いらっしゃい」

元気いっぱいでもなければ、妙に色っぽいというわけでもない。
けれど、なんだか懐かしくてあったかくて…。
その平凡なひとことが、やけにじんわりと響いた。
この不思議な安心感を、なんと説明したらいいのだろう。
我が家に帰ってもこれほどホッとはできないと思うくらい、
僕は初めて訪れた店で、心からのくつろぎを感じていた。

運ばれてきたごく平凡な銘柄のビールをちびちび飲みながら、
ありきたりのつまみに箸を伸ばし、
改めて店内をぐるりと見回してみる。

驚くほどたくさんの人が、同じように酒を呑んでいた。
どの顔も心からくつろいだ、満足げな表情をしている。
きっと傍から見れば僕も、彼らと同じ顔をしているに違いない。

それにしても、
どうしてこうも、この店は居心地がいいのだろう。
何も特別なことはないのに、まるで席を立つ気にならない。
いつまでもここでこうして、呑んでいたいと思ってしまう。

けれど、この心地よさの意味を、僕はまだわかっていなかった。

この店を訪れてから、5日目の夜が来た。
僕はまだ、この店から帰れないままでいる。

ストーリー/いとうかよこ
朗読/山口龍海
at 2018/08/14 23:00:00