ことばや

トップ  > やっぱり大好き! 歌謡曲  > モテない女子の切なさを歌わせたら、この人の右に出る者なし!

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

モテない女子の切なさを歌わせたら、この人の右に出る者なし!

さて、昨日はラジオ「まきかよの言いたいホーダイ ピーパー横丁」ON AIR日でありました。
その翌日のブログは、ラジオのコーナー「やっぱり大好き! 歌謡曲」の延長戦をお送りするのが恒例です。
って、まだ2回目ですけどね(笑)。

昨日は研ナオコさんの「あばよ」をピックアップいたしました。
実は、同じ研ナオコさんの「窓ガラス」をかけようと思っていたのですが、
あいにくラジオ局のデータベースの中に見つからず(泣)、
急遽、「あばよ」に差し替えたというウラ話も。
まあ、それはそれとして。

「あばよ」は、中島みゆきさんが研ナオコさんに書き下ろした一曲。
この曲の前に発売された「LA-LA-LA」で初コンビを組んだ2人ですが、
中島みゆきさんが自分以外の歌手に楽曲を提供したのはこのときが初めて。
実は、「あばよ」のほうが先にできあがっていたらしいですが、
もろもろの事情で発売は「LA-LA-LA」のほうが先になったのだとか。
この2曲を皮切りに、中島みゆき&研ナオコによる名曲がいくつも生み出されることになりますが、
その原点としては、「LA-LA-LA」より「あばよ」のほうがふさわしい気がします。個人的には。
お互いがお互いの世界観を引き出し合っているというか、なかなかに絶望的な歌詞と静かなメロディが、ちょっとかすれ気味な声とピタッとはまるんですよ。
「たしかにこれは、研ナオコのための曲だ!」と革新します。
あの切なさ、苦しさ、哀しさ、滑稽さを歌えるのは、たぶん彼女だけだなぁと思うわけです。

「LA-LA-LA」、「あばよ」の後、「かもめはかもめ」、昨日かけたかった「窓ガラス」、
「みにくいあひるの子」、「ひとりぽっちで踊らせて」、「ふられた気分」と
名コンビによる楽曲はシングルだけでも7曲リリースされていますが、
どれも、泣ける。モテない女子なら、なおさら泣ける。
片想いしている人、フラれた人の心を容赦なくえぐってきます。
でもねぇ~、そこがまたいいんですよね。
あ、いや、別にマゾとかじゃないっすよ(笑)。

個人的には、「あばよ」のB面に収録されている…って、
イマドキの人にB面って言って通じるのか? 通じない?
カップリング曲って言えばわかるかな? え、これも通じない?
まあ、いい。ともかく「あばよ」と一緒に収録されている曲だと思ってくれ。
そのB面の「強がりはよせよ」がすごく好き!!
これは、モテない女子ソングとはちょっと趣きが違うんだけど、
でも、心にグッとくる。一人カラオケでは必ず歌う一曲です。
人と一緒に行く時に歌わないのは、確実に盛り下がるから(汗)
あと、古くてついてきてくれる人がいないから。空気はちゃんと読みますよ(笑)。

中島みゆき縛りを解いてみても、
「愚図」(阿木燿子&宇崎竜童)、「泣かせて」(小椋佳)、「六本木レイン」(売野雅勇&吉田拓郎)などなど、研ナオコが歌う曲はやっぱりモテない女子の切ないソングが多い。そして、名曲揃い!!
ぜひぜひ、皆さんも一度、研ナオコ切ないワールドに足を踏み入れ、いや、耳を傾けてみてください。きっとハマります(笑)。

at 2019/05/14 18:00:00