ことばや

トップ  > 余談ですが  > あの時、ホリエモンがバファローズを買っていたら…と今さら思ってみた、の本編その2

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

あの時、ホリエモンがバファローズを買っていたら…と今さら思ってみた、の本編その2

語りだしたらキリがない野球の話。
ということで、昨日の…いや、一昨日の続きです。

ホリエモンがバファローズを買っていたら、ロジャー・クレメンスが日本で現役最後のひと花を咲かせていた…かどうかは別にして(笑)、確実に起こったであろう変化は、インターネットを使っての展開だと思う。

今、パ・リーグの試合は一部の交流戦と日本シリーズを除き、試合開始から終了までインターネットで見ることができる。ありがたし。
私がいつも非常にお世話になっているのが「パ・リーグTV」というサイト。
https://tv.pacificleague.jp/ptv/pc/

試合開始から終了までどころか、いつでも何度でも見たい試合を見返すことができる。スゲー!
しかも、2012年以降のものならすべて。スゲー!!
さらに、見たいイニングだけ選んで見ることも可能。スゲー!!!
優勝すれば、記者会見やビールかけの模様も中継してくれる、至れり尽くせり仕様。
名プレイ集などの特集動画もいろいろあって、データも充実。
正直、野球を楽しむ環境としては、セ・リーグより満足度がだんぜん高い!!

…って、これじゃあパ・リーグTVの宣伝だ(笑)。
決して、回し者じゃありません!!

実際、ホリエモンが参戦していない現状でも、
パ・リーグはインターネットをうまい具合に活用していると思うし、不満があるわけではない。
それでも、ホリエモンならもっと面白いアイデアをやらかしてくれたんじゃないかと思うわけです。
おそらく、野球ファンの固定概念をぶっ壊すような斬新なアイデアを。
たとえば…えーと、んーと…私は昭和の時代からのどっぷり野球ファンなので、固定概念ガッチガチすぎて、思いつかない(笑)。
配信をするだけでなく、もっと相互でやり取りができるような「何か」。
ファンが直接、選手を支援したりできる「何か」。
球場で観戦をしているときもネットをつなぐことでできる「何か」
いや、「何か」ってなんだよ!
そこを思いつかないから私は凡人で、思いついて実行するから、彼はホリエモンなんだろうな、と思う。いや、いい訳じゃなくて(笑)。

でも、確実に言えるのは、もしあの時、ホリエモンがバファローズを買っていたとしたら、今よりもっと、セ・リーグとパ・リーグの意識格差は広がっていただろうということ。
良くも悪くも、セ・リーグはジャイアンツとタイガースという人気球団があり、その2つを中心に回っているような印象がある。
そのあり方というか、球団とファンの意識というか、そこがどうも古臭く感じてしまう。
実際のところは知らない。だって、セ・リーグ全然見ないし(笑)。
でも、外から見ているとそういう印象を受ける。あくまでも、個人的感想として。

じゃあ、パ・リーグはどうかと言えば、6球団が足並み揃えて、互いに協力し合いながら「リーグとして」発展していく努力をしている。いわば、運命共同体という感じ。
先ほど話しに出てきたパ・リーグTVが、パ・リーグ6球団の共同出資した「パシフィックリーグマーケティング株式会社」で運営されているのがいい例。
ファイターズが東京から本拠地を札幌に移す際、地元に根付く球団経営やファンサービスのやり方をホークスに聞き、それを参考にしたという話もある。
こうした、6球団が協力し合うという素地があるパ・リーグに、インターネットのトップを張る孫オーナーが参入し、さらに、ホリエモンがそこに加わる。
この2人がタッグを組んでいたら、とんでもない野球革命が起こったのではないかと、妄想するよね、それは。
まあ、凡人なので、どんな革命が起きるのか想像できないのが歯がゆいけれど。

インターネットと言う意味では、ホリエモンではなく、楽天の三木谷さんが参入したらか似たようなものではないか。
という方もいらっしゃるでしょう。でも、三木谷さんはホリエモンにはなりえない気がしてならない。
そもそも、三木谷さんは野球に興味もリスペクトもない(※当社比w)
ホリエモンは、野球ファンではないけれど、ビジネスとして野球に魅力を感じていたようだから、おそらく、どう野球を盛り上げていくかはものすごく考えたと思う。
実際、孫オーナーとホリエモンがうまくやれたかどうかは謎だけど(笑)、野球を盛り上げるために、と手を握る可能性はゼロではなかったかなーと。

今や、わがホークスは、年間観客動員で、ジャイアンツ、タイガースに続き、12球団の3位にいる。
セ・リーグとパ・リーグの観客動員合計を比べてみても、かつてのような決定的大差はない。
パ・リーグ各球団が人気を底上げしてきたその裏には、それぞれの並々ならぬ努力があり、インターネットの功績も少なくないように思う。
だからこそもし、ホリエモンが参入していたら、今頃、セ・リーグとパ・リーグの人気が逆転していた、かもしれない。
なんてことを、ロケット打ち上げ成功の記者会見を聞きながら妄想していた私は、根っからのパ・リーグファンなのだなぁとしみじみ(笑)。
でも、そんな未来、見てみたかったなぁ…。
at 2019/05/25 15:00:00