トップ  > 3行小説  > 3行小説 第783回

3行小説 第783回

今日もまた、無意味な一日が始まる。彼は通勤電車の中。

ときどき、何もかも放り出したくなる。彼はパソコンの前。

いっそこのまま、目覚めなければいいのに。彼は、暗闇に沈む。