ことばや


「出張ことばや」、始めました!
いとうかよこ原作の脚本をプロの声優たちが朗読する「出張ことばや」。
15分ほどの短編から60分ほどの長編まで、

時間や場所などに応じて、さまざまなストーリーをご用意。
皆様の企画に沿った朗読お届けします。
図書館や学校での朗読会、イベントのゲストとして、など
いつでも、どこへでも、出かけてまいります。
ご相談、ご質問はお気軽に、お問い合わせフォームからどうぞ!

 

 

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

ドア

足元がふわふわと、何だか頼りない。
こんなに酔っ払ったのはいつ以来だろう。
正体をなくすなんて大人の飲み方じゃない、とか
いつからそんな、分別臭いことを言うようになったのか。
ほろ酔いの頭で改めて考えてみる。

あぁ、きっとそれはあの日からだ。
寄りかかれるあたたかい存在を失った、あの日。

分別がいいのは、大人だからじゃなく、ひとりだから。
そんなことに気づいてしまった自分に苦笑いする。
ひとりで生きるって、もっと自由なもんだと思っていた。
けれど、案外ムチャができないもの、か。
今だって、酔っ払っている自覚があるなら、
おそらくそんなに酔ってないのだろう。
そのことが、なんだかすごく悔しい気がしてきた。

駅に向かう道を左に逸れ、
賑やかな繁華街へと目的地を変更する。
チェーンの居酒屋じゃムードにかける。
かと言って、このあたりに馴染みの店はない。
さて、どうしたものかとゆるゆる歩いていると、
「入っておいで」
と手招きしている、ようなドアがあった。

ごく自然にそのドアを開け、
吸い込まれるように階段を降りていく。
まるでそこがいつものお決まりの席のように、
カウンターの隅へと腰をおろすと、
不思議と気持ちが落ち着いて、ホッとしている自分がいた。

その夜は、いったいどれほど飲んだのだろう。
とても心地よく、楽しい気分だったことは覚えている。
なのに、それ以外はキレイさっぱり記憶から消えている。
あの店の場所すら、いや、そんな店が本当にあったのかも
今となってはよくわからない。

けれど、その店を探してみようとは思わない。
また、どうしようもなく飲みたくなった時に
ひょっこりと、目の前にあのドアが現れるはずだから。
分別ない大人にしてくれる、あの空間へと続くドアが。

朗読/蒔苗勇亮
ストーリー/いとうかよこ
at 2018/07/12 11:26:23